投稿

7月, 2024の投稿を表示しています

ITプロジェクト炎上を防げ! プロジェクトマネージャーが理解すべきベンダーの構造とリスク管理

  ITプロジェクトは、様々な人が関わり、1つの案件を成立させています。そのため、プロジェクトに関わる人によって、リスクと感じる部分が異なってくることがあります。プロジェクトマネージャーは、そうした様々なリスクを、それぞれの視点から評価し、コントロールしていく必要があります。 今回は、プロジェクトマネージャーがリスクをどのように捉え、対処していくべきかについて解説します。 プロジェクトの構成 まずは、プロジェクトの構成について理解しておきましょう。大規模なプロジェクトの場合、以下のような構成になることが多いです。 プロジェクトオーナー : お金の面を含め、プロジェクトに関する全ての決定権を持つ人物。 ベンダー側プロジェクトマネージャー : ベンダー企業側のプロジェクト責任者。 発注企業側プロジェクトマネージャー : 発注企業側のプロジェクト責任者。 プロジェクトリーダー : 各プロジェクトマネージャーの下に位置し、チームを率いる。 チームメンバー : リーダーの下に位置し、実際の作業を行う。 プロジェクト規模が小さくなると、オーナーは省略され、プロジェクトマネージャーの下にリーダーとチームメンバーが配置される形になることが多いです。 ベンダー側の多重請負構造 ベンダー側では、多重請負構造になっているケースが多く見られます。 1次受け → 2次請負 → 3次請負 → 4次請負 のように、階層的に請け負っていく構造です。 2次請負は1次受けと、3次請負は2次請負と、それぞれ契約を結んでいます。状況によって、4次請負と1次受けが直接契約を結び直すなんて場合もあります。 プロジェクト体制の実態:商流と実態の乖離 プロジェクトを進める上での体制は、契約上の階層構造とは異なる場合があります。 1次受けは、責任上必ずプロジェクトリーダーを務めます。 2次請負以降は実力主義となり、階層構造に関係なく、優秀な人がリーダーや重要な役割を担うことがあります。 例えば、3次請負の会社に優秀な人材がいた場合、その人がプロジェクトリーダーに抜擢される、といったことが起こりえます。 プロジェクトマネージャーの腕の見せ所:トラブル発生時の対応 ITプロジェクトは、何事もなくスムーズに進むことは稀で、大小様々なトラブルが発生します。プロジェクト全体に影響を及ぼすような大きなトラブルが発生した場合、プ

システム導入前に必ずやるべき2つのこと:中小企業が失敗しないための方法

中小企業にとって、業務効率化や生産性向上を目的としたシステム導入は、成長の鍵となる重要な取り組みです。 しかし、実際に導入を進める前に、十分な準備や検討が不足していると、期待した成果を得られず、時間やコストの無駄になってしまう可能性があります。 今回は、中小企業がシステム導入前に必ずやるべき2つのことと、陥りやすい落とし穴について解説します。 1. 自分たちが何をしたいのかを明確にする システム導入の目的は、企業によって様々です。売上向上、業務効率化、コスト削減、顧客満足度向上など、具体的な目標を明確にすることが最初のステップとなります。 よくある失敗例として、 目的が曖昧なまま導入を進めてしまう: 「なんとなく業務を効率化したい」「他社が導入しているから」といった理由でシステムを導入しても、具体的な効果測定が難しく、結果的に失敗に終わる可能性が高くなります。 理想の機能を求めすぎる: システムに過剰な期待を抱き、実現不可能な機能を求めると、導入コストが膨らんだり、開発期間が長引いたりするなど、プロジェクトが頓挫するリスクがあります。 目的を明確にするためには、 現状の課題を洗い出す: 現在の業務フローや問題点を分析し、システム導入によって解決すべき課題を明確にすることが重要です。 数値目標を設定する: 目的達成のための具体的な数値目標を設定することで、導入効果を客観的に評価できるようになります。 優先順位をつける: 複数の課題や目標がある場合は、優先順位を決め、段階的にシステム導入を進めることが効率的です。 2. 自分たちが普段何をしているのかを明確にする システム導入を成功させるためには、自分たちの業務内容を正確に把握し、システムに反映させる必要があります。 よくある失敗例として、 業務フローが整理されていない: 複雑な業務フローや属人的な業務が多いと、システム開発が難航したり、導入後に混乱が生じたりする可能性があります。 必要なデータが明確でない: システムに蓄積するデータや出力する帳票など、必要な情報を事前に洗い出しておかないと、導入後に機能不足に陥るリスクがあります。 業務内容を明確にするためには、 業務フローを可視化する: 業務の流れや担当者、使用する書類などを図解することで、業務全体を俯瞰的に捉えることができます。 帳票やデータの洗い出し: 業務で使用