なぜ巨大テック企業は中小企業へのサービス展開が苦手なのか?

IT業界の巨人、いわゆる「ビッグテック」企業が、中小企業へのサービス展開で苦戦している現状があります。
技術力と資金力に優れ、巨大なユーザーベースを持つ彼らが、なぜ中小企業という新たな市場開拓に苦しんでいるのでしょうか?

この疑問の答えはシンプルです。中小企業が相手では「スケール」しないからです。

  • スケールとは?

IT業界で頻繁に登場する「スケール」とは、少ない運用コストでサービスを維持しながら、利用者数の拡大に柔軟に対応できることを指します。つまり、ユーザーが増えても、それに比例してコストが増加しない状態を理想とする考え方です。

  • ビッグテックのスケール戦略

ビッグテック企業は、スケールを重視したビジネスモデルを構築しています。その特徴は以下のような点にあります。

    • 標準化されたサービス: 多くのユーザーに利用してもらうため、機能や使い勝手を標準化し、幅広いニーズに対応します。
    • 自動化された運用: 人手を介さず自動的にサービスを運用できる仕組みを構築し、コストを抑えます。
    • データドリブンな意思決定: 膨大なユーザーデータから得られる情報を活用し、サービスの改善や新たな機能開発を行います。

これらの特徴により、ビッグテック企業は少ないコストで巨大なユーザーベースを獲得し、大きな収益を上げることができるのです。

  • 中小企業への展開が難しい理由

しかし、中小企業へのサービス展開となると、このスケール戦略が足かせとなります。

なぜなら、中小企業は以下のような特徴を持つからです。

    • 個別ニーズが強い: 業種や規模、地域性などによって、それぞれ異なるニーズがあり、標準化されたサービスでは対応できません。
    • 意思決定が属人的: 大企業のように明確な意思決定プロセスが確立されておらず、担当者の判断に依存することが多いです。
    • 予算が限られている: 導入や運用にかかるコストを抑える必要があり、高額なサービスは敬遠されます。

これらの特徴から、中小企業へのサービス展開は、ビッグテック企業が得意とするスケールメリットを活かしにくく、個別対応の負担が増加してしまうため、効率的な収益化が難しいのです。

  • ビッグテックの今後の課題

中小企業という新たな市場を開拓するためには、ビッグテック企業は従来のスケール戦略を見直す必要があります。

    • 個別ニーズへの対応: 中小企業の多様なニーズに対応できるよう、柔軟なカスタマイズ機能やサポート体制を整備する必要があります。
    • スモールスタートの意識: 一気に全国展開を目指すのではなく、特定の地域や業種に絞ってスモールスタートを行い、徐々に規模を拡大していくことが重要です。

巨大テック企業が中小企業のニーズを的確に捉え、柔軟な対応ができるようになれば、新たな市場での成功も夢ではありません。
しかしここで述べている、「個別ニーズへの対応」や「スモールスタート」という点において、具体的な施策を打ち出せているITベンダーはあまり見当たらないというのが現状です。

コメント

このブログの人気の投稿

Microsoft365とGoogleWorkspaceってどっちを選ぶべき?

久しぶりにシステム屋さんのセールストークを聞いたので、まとめてみた。

Stories 5話:今までの経緯を知らないまま、運用設計をする